読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iikagennmama’s blog

シングルマザーの家計簿&マイホーム計画

変動金利と固定金利…どっちがお得?

こんばんは、良いかげんママです☆いつも読んで頂きありがとうございます(*・ω・)*_ _)ペコリ

今日は前回の続き、知恵熱出しそうなくらい勉強した成果。そう!!住宅ローンについてのお話しをしたいと思います・・・(笑)

住宅ローンを決めるときに1番悩むポイントは、どの銀行の住宅ローンを借りるか・・・ということではなく、住宅ローンのタイプを変動金利にするか固定金利にするかということだと思います。

情報社会の今、どこの銀行も金利を表に出していますから比較もしやすく借入先を選ぶのにはそんなに時間はかかりませんε=( ̄。 ̄;)フゥ

悩むのは金利の種類!!重要なポイントだけれど、なかなか答えが出にくい問題でもあると思いますҨ(´-ω-`)

そこで、変動金利の住宅ローンにするか固定金利の住宅ローンにするかをかんたんに比べられるようにしていきたいと思います( ¯﹀¯ )/+*な〜んて、私頑張って勉強したので聞いて欲しいだけなのです|ω•๑`)ㄘら♡

変動金利にするか固定金利の住宅ローンにするかを選ぶ基準として考えがちなのが

「どっちが得か?」

ということだと思います。そう思って、たくさん計算をしているでしょう。私もしました(笑)数千万円の支払いになるので、計算してできるだけお得な方を選びたいという気持は良くわかります。本当に良くわかります!けれど、その考えで変動金利か固定金利を選ぼうとすると一生答えは出ないことに気付きました( ゚д゚)ハッ!

なぜって、変動金利の住宅ローンの総返済額を正確に計算することは不可能だから。

いろんな本やインターネット上の情報、専門家のコラムなど、これから金利はこうなっていくだろうという意見は数多くあります。

でも、そんな意見はすべて「だろう」。つまり推測。結果としてその推測が正確か不正解か、現時点では分からないんです(謎ω謎)?

住宅ローンの総返済額の計算は支払期間全部の金利がきちんとわからないと正確に計算することは出来ません( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン!!

そして、変動金利の住宅ローンの金利を全期間にわたって正確に予測することは出来ません。つまり、借りる時点で変動金利の住宅ローンは全部でいくら支払うのかは計算出来ないのですよ!!ガーΣ(`・ω・Ⅲ)ーン

全期間固定金利(フラット35)では、借りた時点〜返済終了までの金利がわかるので全部でいくら支払うのかを計算することは出来ます。でも、いくら支払うのか計算出来ない変動金利とはどちらが得か比べようがないのです(._.`)

35年なら35年住宅ローンを払い終わってはじめて、変動金利が得だったとか固定金利が得だったということが分かります。

つまり、どっちが得か以外の考え。現時点での自分にとっての優先する視点、基準で変動金利か固定金利かを選ぶ必要があることを知りました!

ハウスメーカーさんは、詳しくは教えてくれません。だからこそ、購入者側は舐められないように、流されないように自分から調べ知ろうとする事が必要なんだと思います( *˙ω˙*)و グッ!

夢のマイホームを建てて終わりで、あっという間に手放すって事にならないよう、これからも勉強頑張って行きますので、応援よろしくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコ